安全・安心への取り組み

鎌田醤油は、大塩田地帯であったここ坂出の地で寛政元年(1789年・フランス革命の年)から220余年にわたって醤油作りを営んできました。

これからも「最優等の醤油を作り、社会のお役に立って信用を得る」という創業以来の精神を大切にしながら、常に食文化の変化に機敏に対応して時代の求める品質第一の品を作り続けてまいります。

  • 品質保証システム
  • 放射性物質の自主検査
  • アレルギー情報の公開

品質保証システム

ISO9001(国際標準化機構が制定した「品質マネジメントシステム」の規格)

紙パック製品や白だしスープを製造する鎌田醤油(株)、継続的な品質の向上とCS(お客様満足)の増大を追求するために、設計開発から製造・販売の全プロセスに亘る国際品質規格ISO9001の認証を取得し、運用しています。(鎌田醤油株式会社:品質について

認証取得年月日:2002年3月1日
認証機関:(財)日本品質保証機構(JQA)
対象事業所:本社工場、港工場

ISO9001とは?

国際標準化機構(ISO)が制定した「品質マネジメントシステム」。すなわち、「全社的な仕事のやり方」についての国際規格です。

ISO9001を認証取得した企業とは、「品質マネジメントシステム」を効果的に運用し、お客様満足の継続的な向上を図ることを、国際的に認められた企業ということなのです。

HACCP活動

紙パック製品のほとんどを製造する港工場は、2008年2月7日に第3者審査によるHACCP認定を取得し、継続的な製品安全に取り組んでいます。

  1. 原材料の受入から出荷までの各工程において、品質に異常がないかを確認し、その記録を残しています。もし異常が確認された場合は速やかに工程から取り除いています。

  2. 記録から、使った原材料や、お客様にお届けする商品を特定できるように整備しています(トレーサビリティーと呼びます)。定期的にトレーサビリティーの訓練を行い、記録が迅速に探し出せるかなどを確認しています。

  3. フードディフェンスを意識して、加工場内に入る従業員はもちろん、機械のメンテナンス等で入場する訪問者についても、入場の記録を残しています。(フードディフェンス:食品への意図的な異物混入等を防止すること)

  4. 機械や設備の点検や衛生管理のマニュアルをつくり、それを実施して、記録も残しています。

  5. 工程内の必要なポイント毎に検査を実施し、品質や工程の管理に問題が無いことを確認しています。

HACCPとは?

“Hazard Analysis and Critical Control Point”の略称で、“危害分析重要管理点”と訳します。原材料の入荷から製造・出荷までの全ての工程において、あらかじめ食品の中に潜む生物的、化学的、物理的危害要因を科学的に分析・予測し、それが除去(あるいは安全な範囲まで低減)できる工程を常時管理し記録するシステムです。

放射性物質の自主検査

放射能汚染に関する弊社商品の安全性について

2017年4月1日現在

お客様各位

鎌田醤油株式会社
代表取締役社長 鎌田武雄

平素は弊社商品をご愛用いただきまして、真に有難うございます。

さて、福島原子力発電所の事故に伴う放射能汚染に対する、弊社の取り組みについて、お知らせいたします。

弊社では2012年3月21日から放射能検査(自主検査)を開始しました。
測定機器は厚生労働省の定めた「食品中の放射性セシウムスクリーニング法について」に書かれている性能要件を有する機種(NaI(Tl)シンチレーション検出器)を使用し、測定は放射性物質測定技能試験に合格した検査員が行っております。(測定器は、2012年4月1日からの新基準(一般食品対象)に対応しています)

主な原材料である醤油や鰹節などの国産原材料30種類以上を受入ロット毎に検査し、容器に詰める前の最終製品液についても製造ロット毎に検査しています。上述のシンチレーション検出器で疑義を生じた場合、社外検査機関でのGe半導体検出器による高精度検査にかけています。最終製品の社内許容基準値は、厚生労働省が定めた一般食品の基準値100ベクレル/kgの1/50である2ベクレル/kgとして、開始以来2017年3月31日時点で17,319検体の測定を終え、現在までのところ最終製品での検出は一切認められていません。

また、製造に使う水の放射能検査については、製造工場が香川県であり、香川県が発表している大気中の放射線の量も通常値であることから、自主検査は行っていません。

上記のように、弊社ではお客様の安全上問題と思われる原材料は使用していません。放射能検査は今後も継続する予定です。

放射能につきましては、関係省庁が発信する関係通知に適切に従うとともに、関連の情報収集にも努めますので、引き続き弊社商品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

以 上

アレルギー情報の公開

使用原料についてアレルギー情報の把握に努め、判明した情報を公開します。

アレルギー物質は表示義務のある特定原材料7品目と、表示義務の無い特定原材料に準ずるもの20品目が、日本では定められています。

特定原材料等27品目の名称

特定原材料
(7品目)
えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生
特定原材料に準ずるもの
(20品目)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

アレルギー情報一覧

(2016/9/14時点の情報)

  義務表示 推奨表示
だし醤油小麦さば、大豆
低塩だし醤油小麦さば、大豆
鮭節だし醤油小麦さけ、大豆
精進だし醤油小麦大豆、やまいも
だし醤油21小麦さけ、さば、大豆
にんにくだし醤油小麦ごま、大豆
サラダ醤油小麦さば、大豆、鶏肉
だしぽん醤油小麦さば、大豆
ぽん酢醤油小麦大豆
さしみ醤油小麦大豆
和風たれ小麦さば、大豆
煮魚醤油小麦さけ、さば、大豆
十倍白だし小麦さば、大豆
貝の鍋だし小麦さば、大豆
自然流つゆ小麦さけ、さば、大豆
蕎麦つゆ小麦さけ、さば、大豆
ぶっかけうどん醤油小麦さけ、大豆
うどんつゆ小麦さば、大豆
濃口醤油小麦大豆
淡口醤油小麦大豆
白だしスープ無しさば
きのこ煮小麦さけ、大豆
ポタージャムじゃがいも小麦、乳牛肉、大豆
ポタージャムにんじん小麦、乳牛肉、大豆
ポタージャムコーン小麦、乳牛肉、大豆
ポタージャムかぼちゃ小麦、乳牛肉、大豆
だしソースデミ小麦、乳牛肉、大豆、豚肉、りんご
だしソーストマト小麦、乳牛肉、大豆、りんご
だしソースクリーム小麦、乳牛肉、大豆
だしパックかつお無しさけ、さば
だしパックいりこ無し無し
ドレッシング 柚子こしょうバルサミコ®小麦大豆、りんご
ドレッシング にんじん小麦大豆、りんご

※商品の改訂等により、お手元の商品と当サイトの記載内容が異なる場合がございます。
 召しあがる際には必ず商品の表示内容をご確認ください。
※現時点のアレルギー情報や上記以外の情報については、お手数ですが、弊社までお問合せください。